わたくし、エマパパはレイアウトコンテストには出品しますが何も100位以内とかを狙ってるわけではございません。ましてやトップ20とかトップ10とか、そこまで根詰めてレイアウト作成だけに集中する自信もございません。

雑な言い方をすると水草レイアウトは数ある趣味の一つに過ぎないのです。

が!

運がいいことに私には、所謂トップレイアウターの方々と接するチャンスを自分で作ることも出来ますし、たまためチャンスに巡り会うこともあります。

たとえ自分だけが楽しめるレイアウトさえ作れれば良い!と思うにしても、ベースとなる知識と経験が必要だと思っていますし、 第3者のアドバイスを得ることで更に自分でも良い水景だと思えるレイアウトが作れると思ってます。
ですので、コンテストとか関係なく、何かレイアウトを作るたびに少なくともSDAのシノピ殿には意見を聞くようにしています。


先月は、来年のADAのレイアウトコンテストに出品予定のレイアウトをまず自分だけで構想し、SDAでしこたま素材を集めて、立ち上げをしました。

そして、今度はそれをSDAのシノピ殿、An Aquariumの志藤さん、そしてたまたまSDAでお会いしたIAPLC2013で第5位の松井さんに見てもらいました。

例えどんなに凄い方にアドバイスされても、私が納得出来ない部分やこだわりがあって気に入っている箇所については正直手直ししようとはあまり思わないのですが、このお三方に別々に写真を見ていただくと、驚くことに同じ箇所について指摘され、こうした方が良いのでは?というアドバイスもほぼ同じだったのです!!!お会いした場所も時間も別々だったにもかかわらず!
DSC01574
トップレイアウターになると、構図がどうであれ水草レイアウトを美しく魅せるための基礎と、視点は共通していて、後はそれぞれの個性が表れてくるんだな〜と思った次第です。

ピンと来ない方もいるかも知れませんし、趣味でやってんだからいちいち人のアドバイスなんか聞く必要ない!って思う方ももちろんおられるでしょうし、それも一つの考えで全然問題ないと思います。

ただ、あくまでも私の場合はたとえ趣味でも自分より上手い人から吸収出来ることは吸収して、引き出しをたくさん持っていれば趣味もより一層楽しめると思っています。

ほんと、今回のお三方のアドバイスの経験から、つくづくありがたい環境にいるな〜と考えさせされる出来事でした。

極端な言い方すると、草野球やってたらイチローがひょこっと表れてスイングの方法を伝授してくれるのと同じ様なもんです。

ただ、大きな問題が!

わたくしは自他共に認める、飽き症の面倒くさがり屋!
だから水槽ドッカ〜ン!でもあまり気にしない!
DSC01571

そして今朝も手直ししてる矢先に娘が『遊園地行きたい!』って言い出したんでタイムリミット2時間の突貫工事!
DSC01573
25日にSDAに追加の龍王石が届くんでそこで良石ゲットして構図自体は完成させますよ!
水草はグロッソ、ニューラージパールグラス、ヘアーグラス、ウィローモスの混栽なんで、理想とするバランスにするのがちょっと難しいのと、水草が根を張ればまだまだ盛り土もしていくのでもうちょっと時間かかりますけどね^^ 

ちなみに今日は東京ドームシティの遊園地に行ったんですが、そこにあるmoomin cafeを覗いてみたところ可愛いムーミンはいましたが、エロmoominはいませんでした。。。
当たり前ですけどね。
DSC_0411


長過ぎてほとんど読んでね〜よって方はせめてポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ ポチっ
にほんブログ村