VUPPA-Iってそもそも必要なのか?

blog0513-2 (2)

以下ADAの商品説明↓

油膜など水面の汚れを効果的に除去
美しい水草レイアウトも、水面に油膜が張っていると魅力が半減してしまいます。ブッパIは独自の構造で水面の油膜を効果的に除去できる水面クリーナーで す。オールハンドメイドのステンレス製ボディは、美観を損ねません。ガラス厚15mm以下までのフレームレス水槽に取付けることができます。


定価が9800円もするのに油膜取るだけでいらないでしょ?ってずっと思ってました。油膜出たらキッチンペーパー広げて浮かせて取ればほぼ消えるし、一回取れば少なくとも1日ぐらいは出てこないし。。。


小型水槽にフィルター代わりに使えるらしいですがそれにしては濾材が少なすぎるし。。。


で、ずっと眼中に無かったんですが、気の迷いで購入したところなんとまあ便利!(笑)ベタ水槽は油膜でないんですが他の3台はたま〜に出ます。特に30キューブは程度の差はあれ毎日と言っていい程!濾過は過剰なぐらい出来ているのでバクテリアの問題ではなく、流木のアクとウィローモスの問題じゃないかと思ってんですが、、、。


この油膜、よ〜く見てみると水にフタをした状態になってて、二酸化炭素の気泡や光合成の気泡が消えずに油膜の下で漂ってます。これって魚にとってあまり良いことではないような気がします(あくまで素人の憶測ですが)。


そこでこのVUPPA!下の写真のとおり白濁した油膜を上手に取ってくれます。

blog0513-2 (1)

でも小1時間も稼働させればほぼ全て吸い取るので24時間稼働させるのはあまり意味が無いんじゃないかと。。。


なので、我が家ではこの1台を水槽3台にたらい回しで使ってます。いちいち取り外し面倒なようですが、ネジですぐ外れるし、移動させるので配線を隠すとかそういった作業しないので全く問題ないです。


結論としてVUPPAは、必要ではないけどあると便利な商品って感じです。

複数水槽お持ちで油膜にお悩みのアクアリストにはおススメです!(決してADAの回し者じゃないですよ〜)


ちなみに水面に漂うゴミや枯れ葉も取りますが、吸水口が狭いためすぐ詰まっちゃって油膜取れなくなりますのでごみ取りとしては全く役に立たないと思っておいてください。



にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村